×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

RANKING

HOME»  真綿ふとん

真綿布団

真綿布団

一日中、365日快適です

真綿(絹わた)はどの繊維より吸湿発散に優れているのでムレません。真夏でも掛けていられるほど。
冬は冬で快適な温かさ。その心地良さは、表現しきれません。

ふとんの中は、いつも快適湿度で気持ちいい!!

真綿(まわた)とは

真綿(まわた)とは絹の一種で、蚕の繭を煮たものを引き伸ばしてわた状にしたものです。
日本語では、室町時代に木綿の生産が始まるまでは 綿(わた)という単語はすなわち真綿(絹わた)を意味していました。

真綿ふとんは絹ふとんなのです。

風間ふとん店では

●お好みで柄が選べます。

●中わた:絹100% 1.0Kg入(標準) ※厚さ(重量)・大きさ(サイズ)などお好みで変更出来ます

●お値段は側生地と真綿グレードなどによって 29,800円から200,000円(シングルサイズ)
 ご予算、お好みに合わせてお選び下さい。(上記税込価格)

「ふとん工房の職人さんが言ってました」

ふとん工房の職人さんが言っていました。
「暑い夏、合繊わたのふとんは作りたくない・・・。」

理由を聞いてみると、合繊わたで作るときは大変暑く感じ、1枚の布団を仕上げるのに2-3回休憩を取らないと体がもたいないそうです。

「では、綿わた(絹わた)の布団は・・・?」と聞くと・・・
「綿で作るときはホッとするよ。途中で休むなんて考えたことがない。」
どういうことかお分かりですね。

暑い夏、合繊は体に余分な負担をかけています。
夏バテの原因になっているかもしれませんね・・・

温暖化が進んで、近年の夏の暑さは年ごとに厳しく感じられます。
熱帯夜も年々増えて---

この機会に是非、綿わた(絹わた)のふとんをお試し下さい。

綿わた
綿わた